比較的多い土地柄 | いろんなところを回ってこだわりの注文住宅のイメージを固める

比較的多い土地柄

間取りや空間にゆとりを

群馬県県内では比較的注文住宅の割合が多く、一軒家の比率が高い中でも、建売住宅よりも多いといわれています。理由として挙げられるのが、親世帯と同居する家庭が多く、その分予算を親から援助されることが多い為、広い家を建てられることも一つです。また、地価が安く、多少広い家を建てることも容易となっており、駐車場を複数必要とすることを踏まえて、住みやすい家を建てられることも挙げられます。更に、気候や地盤の固さから、ある程度自由度の高い家づくりが可能な環境を整えた土地柄であることも、理由の一つです。関東地方でも比較的住みやすい環境が整えられているのが、群馬県内の特徴といわれており、理想通りの家づくりを堪能できやすいのも人気の理由です。

樹木を大切にした家

群馬県は林業が盛んなため、自然を大切にする家づくりを希望している人が注文住宅を建てることが少なくありません。その際に、高断熱住宅にして地球環境への配慮を整えていることが多く、建築業者でも自然の木を大切にした形で建てていることが多数です。物件によっては鉄筋の家も増えていますが、県庁所在地をメインとした交通の便が発達している地域が多く、郊外では樹木を大切にした家が多くみられます。また、群馬県内では日照時間が全国でも長いことから、注文住宅に太陽光発電をプラスし、電力に関する部分を充実させたオール電化も珍しくありません。新築物件に特に多く、二世帯住宅で注文住宅にしている家も少なくないのが、群馬県内での特徴として挙げられています。