不動産取引のお役立ち情報 | いろんなところを回ってこだわりの注文住宅のイメージを固める

不動産取引のお役立ち情報

ニーズは具体的に伝える

日高の土地が欲しいなら、不動産屋さんに土地探しをお願いしなければなりません。この時、多くの方が希望条件を聞かれてもただ「日高の良い土地が欲しい」など漠然とした頼み方をしてしまいます。これでは依頼を受ける担当者も困ってしまいます。効率良く理想の土地を見つけるためにも、不動産屋さんにはニーズを具体的に伝えるよう意識して下さい。売りに出されている日高の土地はたくさんありますから、ニーズが明確に伝わらなければ、業者さんも選びようがありません。予算情報や必要な広さも重要な情報なので、単純に高い、安いという表現ではなく最高でいくらまでなら出せると金額を伝えると親切です。広さも「なるべく広く」では曖昧なので、「車が2台おけるスペースがあって庭も欲しい」など詳細にイメージできるよう表現するのがコツです。もちろん、あまりにも要望が限定的過ぎるのも問題です。けれど「子供の学校に通いやすいところ」、「坂が嫌」などリアリティ溢れるリクエストがあると、土地探しがスムーズになります。

サービス範囲が広い業者

日高の土地を探す時、幅広いサービスを提供している不動産会社が狙い目です。現在、従来のサービスよりも範囲を拡大している不動産会社が増えていますが、利用する側にも頼りになる存在なので人気があります。普通の不動産屋さんは、土地の仲介がメインのお仕事です。けれど実際に土地を売買する時、融資の問題もクリアしなければなりません。税金の知識も必要です。今人気の幅広いサービスを提供する不動産屋さんは、融資や税金などお金の相談も可能で、建物業者を紹介してくれるなど家づくり全般、土地活用全般に渡りサポートしてくれます。各サービスを探し取引するのは大変なので、色々な相談や手続きを1社にお願いできればあちこち駈けずり回らずに済みます。